SIRUIの大型カーボン三脚を手に入れた!!【 SIRUI N3204X K-30X】開封レビュー

とうとう買いました!!
届いたのは4月18日です。



SIRUI N3204X+K-30X

以前三脚について適当に語りましたが、遂に買ってしまいました。

これを選んだのには色々理由がありますが、とりあえず開封レビューしていきたいと思います(・ω・)ノ
この三脚はセットでも販売されてますが、自分は別々で買いました。だってそのほうが安いんだもん♪ヽ(´▽`)/


先に自由雲台の紹介から。



自由雲台の詳しいスペックがこちらです。




どうせ使わないので気にする必要ありませんが、このポーチ結構臭いです(;つД`)


SIRUI K-30X

ねんどろミクさんと比べてみました。
そんなに大きくないです。ただ、これの上の機種にあたるK-40Xはだいぶ大きくなります。 もしK-30XとK-40Xで迷ってる方がいましたら、1度比較してみたほうがいいかもしれません。


フリクションメモリー機能搭載。


水準器は3つ付いてます。制度は微妙かな。


クイックシューはアルカスイス互換になってます。そして、滑り落ちないようにセーフティーロックがかかってます。

SIRUI TY-70-2

クイックシューは雲台に付属してる物と同じモデルを別で買いました。
複数あったほうが何かと便利なんですよ。




取り付け方はコイン、六角、指で回して付けられるようになってます。
これがすごく便利です。

物によってはコイン式だけしかないものがあって、すごく不便です。


クイックシューに付いてる赤いポッチを起こすとズレ防止になるそうです。
これが実際役にたつかどうかはわかりませんが・・・


カメラにクイックシューを付けて裏から撮りました。


三脚座に付けるとこんな感じです。
 

続いて三脚本体の詳しいスペックがこちら。




SIRUI N3204X


NXシリーズ最大の特徴は脚を一本外して一脚に出来ることです。(自分は使いませんけど)






これを組むのに六角は必要ありません。





太ネジ細ネジ両方対応できるボルトが付いてるので、三脚はこれにしたいけど、雲台は別のメーカーの物を使いたいっていう時でも変換ネジをかませなくても安心して使えます。


細ネジ


太ネジ


脚の先端のゴムを回すと石突きが出てきます。









センターポールを外して脚を広げるとここまで低く出来ます。
ローアングル撮影が捗るでしょう(*´∀`)♪



とりあえず三脚沼から脱出ってことで。



それではまた(。・ω・。)ゞ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。